So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナンバー制度 [社会]

平成27年10月から始まる「マイナンバー」
150310.jpg
社会保障・税番号制度に基づいて、0歳の赤ちゃんからお年寄りまで、
国籍に関係なく、住民票のあるすべての人に付けられる「個人番号」です。

住民票コードを変換した12桁の番号で構成されます。

通知は平成27年10月から随時「通知カード」が送付され
「通知カード」には、

1.マイナンバー
2.氏名
3.生年月日
4.性別
が記載されます。

次の実行日より「マイナンバー」の提示が必要となります。
■平成29年1月1日より
健康保険、厚生年金保険資格取得・喪失
・健康保険の被扶養者の追加

■平成28年1月1日より
雇用保険の資格取得・喪失等

■平成28年分の給与支払いより
・源泉徴収票

ところで、年金の基礎番号がマイナンバーに変わるということなのでしょうか?
マイナンバーと基礎年金番号はひもづけされて管理され
海外へ住む日本人など、日本に住民票が無い方もいるため
基礎年金番号は、そのまま存在します。

例えば、具体的に、どんな場面でこの番号を使用するのかというと




例1)あなたの勤務先が行う、各種保険や年金などの手続きで届出書類に記載
例2)給料を支払う勤務先はマイナンバーを記載して源泉徴収票を発行
という場面で使用されます。

平成27年10月より、あなた宛に、通知カードが届きますので
じゅうぶん確認されるとよいですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。