So-net無料ブログ作成

スカジャンの背中の刺繍で歴史背景を想像しよう! #スーベニールジャケット [趣味]

いまだに根強い人気がある「スカジャン」ですが、
有名な語源の話では、横須賀のドブ板あたりで売られていたから
横須賀ジャンパーと呼ばれるようになった。なんて、よく知られていますよね。

実は、「スーベニールジャケット」と呼ぶのが、正しい名称で、
第二次世界大戦の後に、各国に駐留した米軍が、
ジャケットの背中に、記念として入れた刺繍を施したことが、スカジャンの始まりです。

日本では、沖縄の地図を施したものや、広く海外では、ヨーロッパ系や朝鮮、ベトナムの
図案が施されているものも多いです。

ですので、古着屋さんなんかで、当時の品物を見つけた際は
背中の刺繍から、当時の時代背景やどこで作られたものなのかを想像しながら見ると
また一味違った、スカジャンを楽しめることでしょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。